アーカイブ

カテゴリ

  • カテゴリーなし

更年期を上手に乗り切るためには

●更年期障害とは
更年期障害とは、女性の場合、卵巣機能が衰え始め女性ホルモンの分泌が減少する「閉経を迎える前後の期間」に始まる症状のことをいいます。
ホルモンバランスの乱れが原因のほてり、のぼせ、うつや睡眠障害などの身体的・精神的不調がおこり、自律神経失調症のひとつです。
更年期障害が始まる時期には個人差がありますが、閉経年齢で最も多いのが50歳と言われていますので、45歳くらいからがその目安となります。

●個人差
更年期の症状には個人差があります更年期障害は、ホルモンバランスの乱れだけが原因ではありません。
更年期の時期は、子どもの独立や夫の定年、親の介護など急激に生活のリズムが変わる時期でもあり、生活のリズムの変化による精神的ストレスや家庭や職場のストレスなども加わって、更年期障害の症状が現れます。
また、更年期の症状には個人差があり、更年期を迎えてもほとんど気にならないほどの人もいれば、日常生活も満足にできないほどの病気となる人もいます。

●相談
更年期かな、と思ったら一人で悩まずに専門医に相談しましょう更年期の症状を具体的にあげると、ほてりやのぼせ、大量の発汗、肩こりや腰痛、手足のしびれ、うつや睡眠障害、不正出血、吐き気や食欲不振など多岐にわたります。更年期障害を「病気ではない」という人もいますが、日常生活も満足にできない状態であればもはや病気以外の何ものでもありません。
このような気になる症状が現れたら、一度病院で診てもらい、「病気」として更年期の治療を受けましょう。一人で悩んで治療を受けずにいて更年期障害を悪化させる前に、まずは信頼できる病院の医師に相談することが大切です。

話題のサイト

疲れが取れない原因をチェックしてみよう|体の疲れが取れない原因ナビ
更年期の症状が当てはまる方はこのサイトを御覧ください!:更年期障害サプリ&漢方徹底比較ランキング